血液クレンジングはアンチエイジングの強い味方!

血液クレンジングはアンチエイジングの強い味方! Posted on 2017年12月29日

サラサラな血液でアンチエイジング!

ドロドロな血液は血管をスムーズに流れることができなくなり、血管を傷つけ脆くしてしまうほか、全身の細胞に栄養や酸素を届けることができなくなります。血液は体温を維持したり老廃物を回収したりする働きもありますが、その働きもうまくできなくなるため、体温を維持することが難しくなり老廃物も体内に留まってしまいます。そのため、身体の機能は低下して代謝も衰え免疫力も下がってしまうのです。

血管の劣化は脳疾患や心疾患にも繋がり、免疫力の低下は感染症にかかりやすくなったりガンのような大きな病気を引き起こすリスクも高まります。

そうしたことを防ぐには、血液が健康でサラサラな状態でいることが大切です。

血液クレンジングでサラサラの血液に!

血液クレンジングは、血液に医療用オゾンを加えて浄化するオゾン療法のひとつです。自分の血液を少量採取して酸素がたっぷり含まれたオゾンを加え、体内に戻すので副作用の心配が少ない療法です。日本では馴染みが少ないですが、40年以上も前にドイツで開発された療法で、自然治癒力を活性化させる療法としてヨーロッパでは広く知られています。

酸素を含んだ浄化されたサラサラの血液が全身を流れることで、細胞にも栄養や酸素が行き届き、代謝をアップさせ自然治癒力を活性化させます。

血行不良による慢性的な肩こりや頭痛は、血液の循環が良くなることで軽減されます。また、自然治癒力が活性化することによって疲れにくくなるほか、インフルエンザなどの感染症を防ぐことが期待されます。

血液クレンジング療法を施すと、個々の細胞の活性化、免疫力強化など、身体の衰えた機能を回復させる若返りの効果があります。